【悲報】 「欅坂46」 ナ チス風軍服衣装で解散危機! 知ら なかったで済まされない?

http://ift.tt/2epq0mP

1:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 08:42:52.38 ID:CAP_USER9.net
「欅坂46」は解散危機 ナチス風軍服衣装に猛抗議の深刻度

知らなかったで済まされる話ではない。
人気アイドルグループ「欅坂46」が10月22日に横浜アリーナで開催したハロウィーンライブで着用した衣装が 「ナチス・ドイツ」の軍服を彷彿とさせるデザインであると物議を醸した問題で、世界中に波紋が広がっている。

メンバーはライブで黒いマントとナチスの徽章に似た鳥のマークをあしらった帽子を着用。ライブの直後からネット上は騒然となり、 英大衆紙のデーリー・ミラーやデーリー・メール、AFP通信など海外メディアが敏感に反応して記事にしたことで世界中に拡散。

世界最大といわれるユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」(本部ロサンゼルス)は31日、 公式HPにメンバーの写真とナチス・ドイツの軍服のイラストを掲載(写真)した上で、
「我々はグループのプロデューサーである秋元康氏とソニー・ミュージックに対し、この不適切で侮辱的な表現について謝罪を求める」
「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや観客席で踊っているのを見ることは、ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」
「このパフォーマンスはナチスの被害者の記憶を貶め、他国の若者に誤ったメッセージを送ることになる」と非難する事態に発展している。

ソニー・ミュージックは1日、「ご不快な思いをさせ心よりおわび申し上げます」とウェブ上に謝罪文を掲載。
秋元氏も「ニュースで知りました。ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした」
「プロデューサーとして監督不行き届きだった」と謝罪した。

■“無自覚の罪”

しかし、ヨーロッパでは若者世代を中心に排斥主義が進み、ナチスを肯定する極右のネオナチ思想が台頭する中での大チョンボだけに、 ウェブ上の謝罪で幕引きとはいかないだろう。

無邪気に歌って踊ってファンに手を振るアイドルの子たちは衣装の持つ意味など「カッコイイ」「ヤバイ」という以上には考えもしなかっただろう。
だが、今回の騒動が単なる衣装のセレクトミスで済まされないのは、戦争体験や虐殺の記憶の風化に手を貸していることへの無自覚さこそが問題だから根が深い。
欅坂は解散の危機を乗り越えられるか。
http://ift.tt/2fjjP1m

続きを読む 2eWPtF9

情報元:watch@2ちゃんねる

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中