知られざる英雄、福島第1原発 に向かった海上自衛隊の多用途支援 艦「ひうち」!

1: ■忍法帖【Lv=12,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX.
 《 普段はみんなのサポート役で地味な存在だが、あるとき、誰もできない危険な仕事を引き受けて英雄となる。そんな話が海上自衛隊にもある。平成23年3月、多用途支援艦「ひうち」が洋上から向かった先は、東京電力福島第1原発だった。

 長さ65メートル、幅12メートル。基準排水量は980トンで定員約40人。海自の中でも小型艦に位置づけられる「ひうち」の本来の任務は、発射された魚雷を回収したり、護衛艦などが射撃訓練をする際に水上標的を曳航したりするほか、自衛艦の出入港を支援する役回りだ。

 敵艦艇を攻撃する魚雷は「機密の塊」(海自関係者)で、海上に放置することはできない。すべての魚雷を回収するまで訓練を終了することはできず、水上に浮かんだ魚雷を素早く拾い上げなければならない。「ひうち」にはプロペラで水を噴出させて微妙な位置取りを可能にする「バウスラスター」やクレーンが装備されており、いわば「球拾い」のプロともいえる。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

_2010_a
http://ift.tt/2ewovku
引用元: ・http://ift.tt/2fgIYLB
続きを読む 2fgJ0mH

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中