米国務省がフィリピン国家警察向け 自動小銃約2万6000丁の売却計画 を中止…人権侵害を懸念!

1: すらいむ ★
 《 米国務省は2日までに、米国からフィリピン国家警察向けに予定されていた自動小銃約2万6000丁の売却計画を中止した。

 フィリピンでは麻薬犯罪容疑者の超法規的殺害が相次ぎ、人権侵害を懸念したのが理由。ドゥテルテ大統領は「私を脅すのか」と反発を強めている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

13718500_1168002399907681_6978469411718464776_n
http://ift.tt/2eziALp
引用元: ・http://ift.tt/2f2ZM7R
続きを読む 2f35ab7

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中