中国航空機メーカー、国産ジェット 旅客機「C-919」で欧米勢に対抗… 課題は安全面?

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/
 《 中国南部・広東省珠海で開幕する航空ショーで、国有中国商用飛機(COMAC)は開発中の国産中距離ジェット旅客機「C919」(168席)の実物大の模型を展示する。ナローボディー機のC919の初飛行試験は2014年以来2回以上にわたり延期されてきたが、COMACは依然強気の姿勢を崩していない。C919は既に21社から517機の受注を獲得。航空ショーでは新たな顧客からの関心も集める可能性もある。世界の航空機市場を寡占する欧州のエアバスと米ボーイングに対抗したい考えだ。

突破口を期待

 同社は、C919が世界に進出するための突破口になると期待をかけている。6月に就航し、既に地場企業を中心に20億ドル(約2100億円)以上の商用受注を獲得した国産リージョナルジェット機「ARJ21」(90席)で得たノウハウを活用したい考えだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

BN-LA836_1103C9_J_20151102030603
http://ift.tt/2f6D4N1
引用元: ・http://ift.tt/2f6M0Ba
続きを読む 2fhMLdO

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中