プーチン大統領の側近「軍事面から してもアメリカは原爆を落とす必要 性は全くなかった」と日本と連携ア ピール!

1: 愛の世代の前に ★
 《 ロシアのプーチン大統領の側近、マトビエンコ上院議長は、3日、長崎市にある原爆資料館を訪れ、アメリカによる原爆投下を批判するとともに、核やミサイル開発を進める北朝鮮への対応をめぐって、日本と連携していく姿勢を示しました。

 ロシアのマトビエンコ上院議長は、3日、初めて長崎市を訪れ、このうち原爆資料館では中村明俊館長から原爆が投下された当時の状況などについて説明を受けました。続いて「犠牲者のことを思うと心が痛みます」などというメッセージを記帳したあと、「軍事面からしてもアメリカは原爆を落とす必要性は全くなかった」と述べました。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Hiroshima-bombing-Enola-Gay
http://ift.tt/2fkGfz4
引用元: ・http://ift.tt/2fpbqgC
続きを読む 2fcD2CL

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中