戦車内から周囲を見渡せる360度 ARシステムをウクライナ軍が開発!

1: ニライカナイφ ★
 《 戦車は内部の乗員を保護するために厚い装甲に覆われており、それが逆に乗員の視界を奪うというジレンマを抱えています。そのため、第二次世界大戦以前の戦車は戦車長がハッチから身を乗り出して乗員に指示を出したり、潜望鏡式の小窓から外を確認しつつ走行、戦闘していました。現代の戦車は外部にカメラを装着し、その映像を見ながら操縦できるようになっているものもあります。ただやはりカメラの視界は狭く、充分に周囲を見渡せるわけではないようです。

 ウクライナ軍は戦車の視界をまるで外にいるのと同じように確認可能とするために、マイクロソフトのARゴーグルHoloLensを使い、車内で戦車長が頭を動かすだけで周囲を確認できるシステムを開発、10月11~14日にキエフで開催した「Arms and Security 2016」で公開しました。

 現代の戦車はデジタル化も進んでおり、車内から外部を確認するためのカメラ/モニターシステムを搭載しているものもあります。自衛隊の10式特車においても、操縦士はモニター映像を見ながら走行することが可能であり、射手にはハイビジョン対応の照準モニターが搭載された車体も存在するとされます。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

0e9f4f53-s
http://ift.tt/2fmhnsm
引用元: ・http://ift.tt/2eLuGBr
続きを読む 2ecMxET

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中