海上保安庁の巡視船と巡視艇計3 66隻のうち、35%のの129隻が 耐用年超過…中国船への対応などで 運用に不安!

1: ニライカナイφ ★
 《 海上保安庁の巡視船と巡視艇計366隻のうち、昨年度末までに耐用年数を超えた船が35%の129隻に上ることが5日、分かった。昭和52年の領海拡大と漁業水域設定を受けて大量建造した船の更新が進んでいないのが理由。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国船への対応などで海保の役割の重要性は増しているが、予算の制約の中で必要な船舶をどう確保するかや、効率的な運用方法が課題となっている。

 海保は外洋で活動する比較的大型の巡視船の耐用年数を25年、主に沿岸を警備する小型の巡視艇を20年としている。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

pm39
http://ift.tt/2ebXwOV
引用元: ・http://ift.tt/2eNvvcP
続きを読む 2eNvAgx

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中