米軍需企業が韓国陸軍に500MDヘ リの偽造部品を大量納入した疑惑… 対戦車攻撃用として約70機を運 用!

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/
 《 米国のとある軍需企業が韓国陸軍のヘリコプター、500MDの部品を含め、100件余りの偽造部品を韓国軍に納入したという疑惑が持ち上がったため、軍当局が調査を行っていることが2日確認された。海外防衛産業の不正による多量の偽造部品納入疑惑が事実と判明すれば、軍兵器装備部品管理の総体的ずさんさや装備誤作動の懸念など、波紋が予想される。

 韓国軍筋によると、今年7月、在米軍需武官部(在米国際契約支援団)は、米軍需企業であるM社が陸軍のヘリコプター、500MDのローター(プロペラ)のヘッド部品はじめ114品目の偽造部品を韓国軍に納入したという疑惑について、防衛事業庁に報告した。陸軍が対戦車攻撃用として約70機を運用している500MDは、生産から40年近く経っている老朽機種だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

985236
http://ift.tt/2fx03U1
引用元: ・http://ift.tt/2fiwbYh
続きを読む 2fiv5Ml

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中