【軍事】 韓国、米軍駐留費の 70%を負担~直接・間接支援費含 めれば世界最高

1 名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2016/11/11(金) 20:51:03.95 ID:CAP_USER.net

http://ift.tt/2eK0t4X

ドナルドトランプの米国大統領当選で駐韓米軍防衛費分担金の増額要求が強まると予想され、韓国の負担レベルなどに関心が集まっている。

米国の最近の評価では、韓国の駐韓米軍駐留費の負担は50%程度とされる。ビンセント・ブルックス駐韓米軍司令官は4月、米国上院承認聴聞会で2015年、韓国が出した分担金は8億800万ドルで、これは駐韓米軍全駐留費の約50%に当たると証言した。

しかし、韓国国防部と市民団体の計算は全く違う。すでに韓国はかなり以前から全駐韓米軍駐留費のうち少なくとも65%以上、多くて70%以上を負担してきているという。防衛費分担金以外に土地および人材提供、各種手数料減免など直接・間接支援が追加提供されるためだ。

実際、国防部の国会報告書を見れば、2010年、韓国政府の駐韓米軍駐留費総負担額は防衛費分担金7904億ウォンと直接・間接支援費8845億ウォンなど合計1兆6749億ウォンに達する。反面、同年、米国が負担した駐韓米軍駐留費(米軍および軍属人件費除外)は8938億ウォンだ。韓国の負担比率は65%ほどに達する。

国内市民団体「平和と統一を開く人々」(平和統一社)は「駐韓米軍に供与された土地が公示地価の2.5~5%と低評価されており、実際の韓国の負担比率は70%を上回るだろう」と明らかにしている。

防衛費分担金が今年9441億ウォンに達するなど着実に増額された事実を考慮すれば、韓国の駐韓米軍支援比重はこれよりもっと増えている可能性もある。

国会予算政策処が2013年に出した「韓国・日本・ドイツの防衛費分担金比較」サービス研究報告書は韓国の分担金支援規模が世界最高水準だと明らかにしている。

同報告書を見れば、2012年の防衛費分担金は韓国が8361億ウォン、日本が4兆4千億ウォン(38億1735万ドル)、ドイツが6千億ウォン(5億2495万ドル)水準だ。絶対額では日本が韓国より5倍多い。しかし、国内総生産(GDP)基準負担金比率は韓国が0.068%で、日本(0.064%)やドイツ(0.016%)より高い。

パク・ビョンス選任記者

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 「韓国、駐韓米軍駐留費用70%負担」
http://ift.tt/2eK3mT3

関連スレ:【軍事】トランプ勝利:在韓米軍費用問題、同盟の根幹を揺るがす可能性も[11/10]
http://ift.tt/2eJV1Pl

引用元:http://ift.tt/2eJYugR

続きを読む 2eK6GgV

情報元:キムチ速報

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中