日本人の4割が、近所に住む外 国人が増えることに抵抗を感じてい ることが判明

http://ift.tt/2fqb2LZ

1:(?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/11/11(金) 13:13:10.75 ID:CAP_USER9.net
外国人と働くことに抵抗を感じる人は2割程度だが、 近所に住む外国人が増えることには4割の人が抵抗を感じていることが、 独立行政法人「労働政策研究・研修機構」がまとめた「勤労生活に関する調査」で分かった。

政府は働き方改革の一環で外国人労働者の受け入れ拡充を検討課題としているが、 外国人と共に暮らすことへの心理的な壁は低くない状況がうかがえる。
同機構の担当者は「単に労働力としてでなく、社会としてどう受け入れていくかも考える必要がある」と話している。

調査は2015年11~12月、20歳以上の男女4000人を対象に実施し、2118人(回収率53%)から回答を得た。

外国人の同僚について「非常に抵抗を感じる」は3.0%、 「やや感じる」は17.1%で、「抵抗を感じない」(38.2%)、「あまり感じない」(37.1%)を大きく下回った。
外国人の店員から接客サービスを受けることへの抵抗感も「非常に」「やや」で計16.4%にとどまった。

一方、自分の隣近所に外国人が増えることについては、抵抗感のない人が計55.2%と過半数を占めたものの、 抵抗感のある人も計41.7%いた。

また1999年の第1回調査から継続的に聞いている、 終身雇用への意識については「良いことだと思う」「どちらかといえば良い」が計87.9%に上り、 終身雇用を支持する割合が過去最高となった。
第4回調査(04年)までは20~30歳代で終身雇用への支持は比較的低かったが、 今回は各年代で87.1~88.6%で、年齢層による差は小さかった。【堀井恵里子】

http://ift.tt/2fq8Xzs

続きを読む 2fq6dlJ

情報元:watch@2ちゃんねる

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中