【毎日新聞】朴大統領弾劾可決、複 雑な思いの在日コリアン 「日本と 仲良しの人が大統領になるのが一番 。早く政治が安定してほしい」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 23:38:12.92 ID:CAP_USER.net

 本国の政治の混乱はいつ収まり、日本との関係はどうなるのか--。弾劾訴追案の可決で職務が停止した朴槿恵(パク・クネ)大統領は、国外で暮らす韓国人にも国政参政権を認める在外投票制度の下、初めて選ばれた大統領だ。

 参政権を求めて活動したり、朴大統領に1票を投じたりした在日コリアンは今回の事態を複雑な思いで見つめた。【平川哲也、金森崇之】

「在外国民として何ができただろうか」

 「弾劾訴追案の可決は民主主義の勝利だ。退陣を迫った本国の国民と同じ思いで推移を見守ってきたが、在外国民として何ができただろうか」

 多文化共生に取り組む「神戸コリア教育文化センター」(神戸市長田区)代表理事の金信※(キム・シニョン)さん(63)は悩む。

 兵庫県内に暮らした在日2世の李健雨(リ・コヌ)さん(2008年に56歳で死去)とともに市民団体「在日韓国人本国参政権連絡会議」を結成し、在外投票制度を実現させた。「参政権がないのは違憲」として、韓国の憲法裁判所に提訴し、07年に「憲法不合致」の判断を勝ち取った。(※は金へんに庸)

 韓国で在外投票制度を盛り込んだ改正公選法が成立したのは、李さんが亡くなった翌年だった。金さんは「さぞ悔しかったろう」と振り返る。

 晩年の李さんは胃がんに苦しみながら改正法の試案作りに没頭した。毎月の会議も他のメンバーの肩を借りて出席した。「韓国籍を持つ者のアイデンティティーを回復することに命を懸けていた」と話す。

 その遺志を継ぎ、金さんらはシンポジウムなどを開いて在日社会に投票行動を促した。朴氏が当選した12年12月の大統領選には、日本で2万5312人が1票を投じた。神戸の投票所で60代の女性に「こんな日が来るとは思わなかった」と言われ、胸が熱くなった。

 投票先は誰であれ、在日韓国人も国民の一人として自ら大統領を選んだ。投票を通じ、「韓国の政治が身近になった」とも感じた。それだけに、金さんの心にはもどかしさが募る。

 朴氏の疑惑が浮上して以降、インターネットで配信される本国のデモに共鳴しながらどこで何を発信すればいいのか迷う自分がいた。

 金さんは「参政権を勝ち取ったことで満足してはいないか」と自問しながら、未来を見据える。「韓国でのデモが教えてくれたように、在外国民として『朴氏以降』の政治にどう関わるべきなのか、私たち在日コリアンからそのビジョンを発信しなければならない」

厳しい声相次ぐ

 東京・新大久保でも在日コリアンから朴大統領への厳しい声が相次いだ。

 「不正に動いたお金の額が大きすぎる。許すことはできない」。雑貨店を営む韓明姫(ハン・ミョンヒ)さん(56)は弾劾に賛成した。在外投票が初めて認められた12年の大統領選では「両親を暗殺されたことに同情していたし、女性初という期待もあった」と朴大統領に1票を投じたという。

 だが、もう「次の選挙」に行くつもりはない。「誰が大統領になっても全てを良くしてくれる人などいない」と首を振る。

 新大久保で飲食店を営む男性(48)は「朴大統領を選んだことが韓国人として恥ずかしい。李明博(イ・ミョンバク)前政権時代から日韓関係は悪くなって客も減ったが、朴大統領は改善に向けて何もしなかった。日本に住む韓国人のことなんて興味がなかったのだろう」と吐き捨てた。

 アルバイトの女性(58)は「日韓関係が冷え込んでから景気は悪いまま。日本と仲良しの人が大統領になるのが一番だ。とにかく早く政治が安定してほしい」と注文した。

日韓関係に懸念

 在日韓国人が多い山口県下関市でも弾劾訴追案可決に動揺が走った。

http://ift.tt/2gjRf4U

>>2以降に続く)

2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 23:38:32.62 ID:CAP_USER.net

>>1の続き)

 韓国出身で日本に住んで28年になる下関市のキムチ店経営、広川順蓮さんは実家が朴大統領の地元の近く。

 「反政府運動が一気に盛り上がり、言えなかったことも多いのではないか。(弾劾に)心を痛めている。指導力が足りなかったのか、周囲に巻き込まれたのか分からないが期待していたので残念」と同情を寄せた。

 東亜大東アジア文化研究所(下関市)で日韓関係の研究を続ける崔吉城(チェ・キルソン)所長は「市民の不満が民意という形で爆発し、国会議員もそれに応じた。しかしこのようなものが本当に民主主義なのだろうか。今後、韓国内がどのような形でまとまっていくのか非常に不安を覚える」と話す。

 日韓関係について「野党が国内をまとめるために反日に向かう危険がある。今後の日韓関係は不透明さを増すだろう」と懸念を示した。【反田昌平】

(おわり)

引用元:http://ift.tt/2gswrXf

続きを読む 2hbxsBq

情報元:キムチ速報

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中