中国が建造中の新型空母、船体は塗 装工程に…来年にも進水か!

1: 栓抜き攻撃(茨城県)@\(^o^)/ [US]
 《 中国が遼寧省大連で建造している初の国産空母の船体と艦橋がほぼ完成し、船体の作業用足場も大半が取り外されていることが10日までに共同通信が入手した写真で分かった。船体は塗装の工程に入ったとされ、中国内外の軍事専門家は来年初めにも進水するとの見通しを示している。

 (略) 建造中の空母の外観はウクライナから購入した空母を改修し2012年に就役した「遼寧」(排水量約6万7千トン)に酷似。通常動力の排水量5万トンクラスで、遼寧で得られたノウハウを継承している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

686bc20f-s
http://ift.tt/2goW8Kd
引用元: ・http://ift.tt/2hpKgrs
続きを読む 2gzaWUP

情報元:軍事・ミリタリー速報☆彡

広告
カテゴリー: 全ての記事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中